FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素材・色を決める



回の記事では
レザークラフトを始める時は
まずは何を作るか決めましょう。

という話をしました。
作るモノを決めよう

作るモノが決まったら
次は素材や色、形などを決めて
行かなくてはいけません。


一概に革といってもたくさんの
種類があります。

牛革、鹿革、エキゾチック革(ベビなど)
豚革、羊革...

あげればきりがありません。

初心者からするとどの革を
使えばいいのかなんて検討も
つきません。

またそれはどの部分から切り出した
革なのかというのも繊維による
伸び方向など違うため考えなくては
いけません。

何の革を使うのか?

もちろん革には適材適所が
あるので作りたいモノを使いたい革を
使って作成しても問題ありません。

でも適していない革を使うのは
非常に作成が難しくなってきます。

ただ、自由な発想でモノを作っていくので
レザークラフトはこの革はこれしか作っては
いけないという決まりは何もありません。


(失敗しても自己責任ですよ...)

でも、自由なんて言われると
余計に何を使えばいいかわからなくなって
きますね。

革の値段はピンキリなので
こだわりだすときりがありません。

初心者は練習も必要になるので
最初のうちはできるだけお金を
かけずにできた方がいいでしょう。

ということで初心者におすすめの
革はすばり

ハギレ革

です。

ハギレ革とは革製品を
作っときにでる余った
革のことです。

そのためハギレ革はかなり
安く売られています。

ハギレは余った革なのでサイズや革の種類
大きさ、品質は異なりますが最初は練習ということで
ハギレ革を使った方がいいでしょう。

購入する際の注意点ですが
ハギレ革はサイズもまちまちで
売られているのですが、できるだけ
大きなモノを手に入れましょう。


大きなモノを手に入れた方が
作りたいモノを選ぶことができます。

大きなハギレが手に入らない場合は
その大きさに合わせて作っていくしか
ありません。

(それもまた楽しいところでもあります)

ハギレを購入する時には
大きく分けると2パターン
あるでしょう。

1:通販で購入する
2:店頭で購入する

です。

通販の場合は、楽天やYahoo
Amazonなんかで買うことができます。

店頭だとレザークラフトショップが
近くにあればそこで買います。
ないときは東急ハンズなどで
購入できます。

...

レザークラフトは本当に
自分の好きなように好きなモノを
つくっていけばいいと思います。

最初から革にこだわってもよし...

練習から始めるために安い
ハギレ革からはじめてもよし...

ということです。

もちろん

「あんなモノつくって!」

とか

「あれは作り方が違う!」

という人も中にはいるかもしれませんが
何を作ろうがどんな作り方をしようが
基本的に自由
です。

あとは適す適さないというよりは
どれくらいの予算でレザークラフトを
しようと思っているか次第です。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。